スポーツ

WBC一次ラウンド対戦国の特徴や注目選手をリサーチ!

2023年3月9日

WBC対戦国の特徴や注目選手をリサーチ

2023年のWBC一次ラウンドがいよいよ3月9日に始まります。

侍ジャパンが対戦するのは中国、韓国、チェコ、オーストラリアです。

今回は、各国の特徴や注目選手についてリサーチしていきます。

3月9日(木)中国午後6時放送
3月10日(金)韓国午後6時放送
3月11日(土)チェコ午後6時半放送
3月12日(日)オーストラリア午後6時34分放送

WBCをAmazonで観戦する

WBC対戦国注目選手【中国】

日本と比べると、中国では野球はマイナーな競技になります。

  • アラン・カーター(25歳)
    ロサンゼルスエンゼルス(マイナー)所属
    右投げ右打ち
    シンガポール出身
    父親がアメリカ人、母親が中国人
  • 真砂勇介(28歳)
    日立製作所硬式野球部所属
    2013〜2022ソフトバンク
    右投げ右打ち
    父親が中国出身
    中国語は喋れない
    あだ名はミギータ
  • 梁培リョウバイ(24歳)
    日本生まれ
    東海大菅生高
    中学生の時、日ハム清宮と同じチームでプレーしています。
    日本との試合で戸郷から本塁打を放ちました。

WBC対戦国注目選手【韓国】

韓国はWBCで2006年にベスト4、2009年は準優勝しています。

  • トミー・エドマン(27歳)
    セントルイス・カージナルス所属
    右投げ両打ち
    母親が韓国生まれ
    国籍はアメリカ

  • キム・ハソン(27歳)
    サンディエゴ・パドレス所属
    右投げ右打ち
    ダルビッシュとチームメート
    ナ・リーグのゴールデングラブ賞 ファイナリストにもなった守備の名手
トミー・エドマン、キムハソンの両者ともにメジャーで活躍。守備力が最高の二人です。

元中日選手イ・ジョンボムの息子、イ・ジョンフにも注目です。
名古屋出身のイケメンです。

WBC対戦国注目選手【チェコ】

強いです。日本の強豪社会人野球チームJR九州に9−4で勝利しています。

本業がある人が多く、大学生、営業部長、金融トレーダー、高校教師や消防士など。監督は神経科医です。

  • マルティンシュナイダー(37歳)
    フルタイムで働く消防士
    命の危険に晒されていることが多いのでプレッシャーには強い
  • エリックソガード(36歳)
    アメリカとチェコの二重国籍
    2021年カブス退団
    右投げ左打ち

パベルハジム監督がイチローの大ファンです。

WBC対戦国注目選手【オーストラリア】

東京府中市の駅前のラーメン屋にハマったりユニフォーム姿でゾロゾロとコンビニに出向く姿が話題になったオーストラリア代表です。

日本の球団に在籍していた選手もいます。

  • ダリル・ジョージ
    元オリックス
  • ホワイトフィールド
    右投げ右打ち
    エンゼルスマイナー

3月9日の韓国戦では8−7でオーストラリアが勝利しました。

試合結果

全試合、日本が快勝しました。1位通過です!おめでとうございます!!

中国8-1
韓国13-4
チェコ10-2
オーストラリア7-1

まとめ

WBC対戦国の特徴と注目選手をまとめました。

日本で活躍した選手も数名見られるので親しみを感じながらも複雑な思いですね。

がんばれ!侍ジャパン!!

関連記事

-スポーツ